--好きなもの、気になるものをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『宇宙へ』(福田和代)
宇宙へ
宇宙へ福田 和代

講談社 2012-09-21
売り上げランキング : 274599


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロケットの時代は終わった?!
地上と衛星軌道のステーション結ぶ宇宙エレベーターが完成。
規定身長をオーバーしたため、宇宙飛行士になる夢を諦めた拓海だったが、夢は終わったわけではなかった。
拓海は宇宙エレベーターのメンテナンスマンとして宇宙へ上がる。

福田さんは初めてなんですが、書き出しが小説っぽくないというか、漫画っぽいなと感じました。
いい意味でも、悪い意味でも、どちらでもなく。
いきなり動いている人が思い浮かぶような、そういう印象。
わかりにくいですよね。すみません。
とにかく、今まで読んだ小説のどれとも違う印象を書き出しに感じたのです。
内容は、宇宙エレベーターで働くメンテナンスマンの様々な仕事の様子です。
正直、もっと大げさな感じを想像していたのですが、意外とおとなしめ。
宇宙開発と宗教との対立、既得権を失いつつあるロケット産業の危機感、両者が結びついて起こるテロなど、思った以上に現実的でした。
もっと、現代の常識をまるっきり無視した設定でもよかったんじゃないかなぁ。
割とさっぱりしてます。
宇宙エレベーターという構想には著者の経歴や興味、憧れがとっても活かされているんでしょうね。
とても楽しく作られたのではないかと思います。
ですが、私にはなんとなくぼんやりイメージできる程度で(カーゴが下からと上からとケーブルで引っ張られている感じ?)、カーゴとステーションの物理的な繋がりがイメージできませんでした。
殆どの部分で、それで問題なかったのですが、終盤のここ一番のクライマックスで状況がイメージできずに、盛り上がりきれずに終わってしまいました。ちょっと消化不良です。
すごくもったいないことをしてしまったんだろうなぁ。
言葉から映像が瞬時に浮かびあがらなければ、緊迫感も高揚感も安堵感も味わえないシーンだと思うんですよ。
図解や挿絵があるとイメージしやすかったんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
【2013/01/31 14:33】 本の本音 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<白タートル | home | 『ラバー・ソウル』(井上夢人)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://kksks.blog20.fc2.com/tb.php/429-d91878d9

| home |
About Me & My Site
My recommend
デイリードレス ―ワンピースとはおるもの―
Calender
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Blog Links

「くすくす」を登録。ぽちっとな。 by BlogPeople
Favorite Shops
CHECK&STRIPE
conori
Couleure
COSMO
ColorDrop
jack&bean
MANALOLE
Orangena*
OUTLET FABRICS
RickRack
Shell button
SPEARMINT
STRAWBERRY COTTON
Time Collection
Wildberry
ソレイユ
ねこの隠れ家
ノムラテーラー

calm
Cozy Mom
HEELANDTOE
HORUS WORKS
NANA TONE
あかい靴
TB People
●Handmade布小物●


●ハンドメイドな洋服●

etc.
::ブログ内検索::
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ



<%>RSS


thanks!
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。