--好きなもの、気になるものをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『神去なあなあ日常』(三浦しをん)
神去なあなあ日常 (徳間文庫)
神去なあなあ日常 (徳間文庫)三浦しをん

徳間書店 2012-09-07
売り上げランキング : 3613


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学を受験するでなし、就職活動するでなし、高校を卒業したらフリーターでもしようかと。
そんな平野勇気にを待っていた進路は”林業”。
母と担任の共謀で三重県の山村に送り込まれた勇気の1年は・・・。

いやぁ、お母ちゃん、いいわぁ。
有無を言わせず、息子を山村に放り出す潔さ!
三浦さんは本当に人物を作るのが上手いと思う。
特に主人公の脇を固める役どころたち。
今回、私が勇気の母親以外で、とても好きなのは犬のノコと5歳の山太。
特に、ノコは人間以上にキャラが作られているような気がするなぁ。
自分が役に立たなかったことを気に病んで落ち込んだりするんだもの。
そしてまた、勇気たちもノコを立ち直らせるために一芝居打つんですよ、真剣に。
ノコも山の男なんですね。
山での行動は勇気よりもずっと様になっているもの。
その勇気ですが、いかにもすぐに逃げ出しそうなイマドキの男の子で、実際、一度”脱走”しているのですが、
意外に田舎暮らしに上手く嵌っていきます。
その過程はとても自然で、結構、こういう順応する子はいるんじゃないかしら?と思わせます。
一方で、林業の厳しさ、田舎暮らしの不便さをきちんと伝えていて(多分)、とてもバランスが良いように感じました。
 こんなに上手く行くわけないよ、という意見もあるでしょうが、斜陽産業にはこういう希望が大事なんじゃないかと思います。
 とても楽しく、気持ちの良い読後感でした。

スポンサーサイト
【2013/04/07 23:52】 本の本音 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『焦茶色のパステル』(岡嶋二人) | home | 『ソロモンの偽証 第1部 事件』>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://kksks.blog20.fc2.com/tb.php/446-c8683998

| home |
About Me & My Site
My recommend
デイリードレス ―ワンピースとはおるもの―
Calender
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Blog Links

「くすくす」を登録。ぽちっとな。 by BlogPeople
Favorite Shops
CHECK&STRIPE
conori
Couleure
COSMO
ColorDrop
jack&bean
MANALOLE
Orangena*
OUTLET FABRICS
RickRack
Shell button
SPEARMINT
STRAWBERRY COTTON
Time Collection
Wildberry
ソレイユ
ねこの隠れ家
ノムラテーラー

calm
Cozy Mom
HEELANDTOE
HORUS WORKS
NANA TONE
あかい靴
TB People
●Handmade布小物●


●ハンドメイドな洋服●

etc.
::ブログ内検索::
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ



<%>RSS


thanks!
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。