--好きなもの、気になるものをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『再会』(横関大)
再会
再会横関 大

講談社 2010-08-06
売り上げランキング : 230155


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


美容室を経営する万季子は、スーパーから息子の正樹が万引きをしたという連絡を受ける。
私立中学校への進学が決まっている息子を心配し、慌てて駆けつけた万季子に、店長の佐久間は卑怯な取引を持ちかけてくる。
条件をのむべきか悩む万季子だったが、翌日、射殺された佐久間の死体が発見される。
佐久間を撃った銃・・・それは、万季子を含む4人の小学生が、タイムカプセルに忍ばせて校庭に埋めたはずのものだった。

何がどうしてどうなったという事実だけが淡々と進んで行き、本来はそこに絡んでくるべき人の感情があまり感じられなかった。
読む方としても、想像力が働く場面がなくて寂しい。
タイムカプセルに封じ込められた過去の秘密と、タイムカプセルを開けなけらばならない現在の事情が交互に描かれるのですが、現在の謎=誰がタイムカプセルを開けたのかという点は、無理に複雑にしているように感じられました。
「佐久間殺害の犯人が拳銃を入手するために開ける」以外の「開ける」が勿体ぶってるというか。
なぜ開ける必要があったのか、心情が伝わってこないので、誰が?なぜ?をごちゃごちゃこねくり回しているだけに見えるんですよね。もっと感情面が丁寧に描かれていれば、余計な説明は必要ないのに。
事実の積み重ねに比べると心理描写がぞんざいで、人物像も著者の著者の意図したほどには伝わっていないのではと思います。
一番、気に入らないのは、万引きの扱い方。
真面目な小学生が万引きをするには、それなりの理由があるはず。
いじめによる強要、ゲーム感覚、ストレス・・・。
どれも当てはまりそうにない生活環境なんですよね。
「なぜ?」の部分がびっくりするくらいに抜け落ちてる。
母親なら、将来を気にするのも当然だけど、まず頭に浮かぶのは「なせ、うちの子が万引きを?」という疑問だと思うのですが。
そこに全く触れていないのは、すごく不自然です。
そして、全てが終わったときの正樹があまりに無邪気なのも気になります。
自分の行動が母親を狂わせるきっかけになったというのに。
周りが真実を隠したとしても、小学校6年生なら自分の罪に気付くと思うんです。
自分が万引きしたスーパーの店長が殺されたってのいうのは、報道や噂で分かるでしょうし。
そして、母の幼なじみが3人集まっているのに母親だけがいない不自然さ。
さすがに、おかしいと思うでしょう?
なのに、あまりに屈託がなくてびっくりです。
どうしてもこの結末のシーンは好きになれません。
スポンサーサイト
【2013/04/22 15:27】 本の本音 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『和菓子のアン』(坂木司) | home | 『限界集落株式会社』(黒野伸一)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://kksks.blog20.fc2.com/tb.php/452-fea59fbc

| home |
About Me & My Site
My recommend
デイリードレス ―ワンピースとはおるもの―
Calender
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Blog Links

「くすくす」を登録。ぽちっとな。 by BlogPeople
Favorite Shops
CHECK&STRIPE
conori
Couleure
COSMO
ColorDrop
jack&bean
MANALOLE
Orangena*
OUTLET FABRICS
RickRack
Shell button
SPEARMINT
STRAWBERRY COTTON
Time Collection
Wildberry
ソレイユ
ねこの隠れ家
ノムラテーラー

calm
Cozy Mom
HEELANDTOE
HORUS WORKS
NANA TONE
あかい靴
TB People
●Handmade布小物●


●ハンドメイドな洋服●

etc.
::ブログ内検索::
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ



<%>RSS


thanks!
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。