--好きなもの、気になるものをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『自白』(乃南アサ)
自白 刑事・土門功太朗
自白 刑事・土門功太朗乃南 アサ

文藝春秋 2013-02-10
売り上げランキング : 9778


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“アメリカ淵”と呼ばれる渓谷で発見された女性の全裸死体。
手がかりは仏が身につけていたネックレスただひとつ…。
警視庁捜査一課の土門功太朗は、徹底的な地取り捜査で未知の犯人ににじり寄る。
やがて浮かんだ容疑者。息詰まる取調室の攻防。
懐かしの昭和を舞台に、男たちの渋い仕事っぷりを描いたノスタルジー刑事小説。
(「BOOK」データベースより)

時代は昭和4~50年代。
大阪万博開幕、三島由紀夫割腹自決、TDL開業などの出来事や、『圭子の夢は夜ひらく』、『また逢う日まで』などの流行歌がとても効果的に使われています。
刑事ではない、夫として、父親としての面が世相を背景に、とても上手く描かれていてるんですよね。
TDLの開業で、娘に連れていってとせがまれているところなんて、ごく普通の父親ですもん。
でも、ひとたび家庭を離れると、結構やり手の刑事なんですよね。
いかにも切れるというタイプではないし、ドラマに出てくるような人情刑事というわけでもないですけどね。
ひとつひとつ確実に理論を積み重ねていくタイプに見えます。
タイトルは『自白』ですが、自白内容そのものが問題なのではありません。
それ自体には何のひねりもないし、あっさり自供してますし。
土門がどのように自白を引き出したのか、そこが大事なんです。
というと、何か特別なテクニックを持っているようですが、決してそうではありません。
あの手この手というのはないんですよ。
刑事の勘とか経験というのでもないし。
強いて言えば、普通の人の感覚を持っているってことでしょうか。
ごく普通の、ありきたりな興味、想像が、犯人の自供を引き出すきっかけになっているんですよ。
素朴な疑問が土門の洞察力の源です。
そういう点では、「刑事・土門功太郎」というよりも「人間・土門功太郎」です。
昭和4~50年代という時代もいいと思います。
生活が急速に豊かになるとともに、犯罪の内容や動機も大きく変わろうとしている時代。
土門はそういう時代の流れ、風潮を読むのもうまかったのかもしれません。
その後、どんな刑事になったのかなぁ。
興味があります。
続編はないのかなぁ。
スポンサーサイト
【2013/05/02 14:44】 ちくちく | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『整形美女』(姫野カオルコ) | home | 『胸さわぎのクルーズ』(矢口敦子)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://kksks.blog20.fc2.com/tb.php/456-3767a2b1

| home |
About Me & My Site
My recommend
デイリードレス ―ワンピースとはおるもの―
Calender
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Blog Links

「くすくす」を登録。ぽちっとな。 by BlogPeople
Favorite Shops
CHECK&STRIPE
conori
Couleure
COSMO
ColorDrop
jack&bean
MANALOLE
Orangena*
OUTLET FABRICS
RickRack
Shell button
SPEARMINT
STRAWBERRY COTTON
Time Collection
Wildberry
ソレイユ
ねこの隠れ家
ノムラテーラー

calm
Cozy Mom
HEELANDTOE
HORUS WORKS
NANA TONE
あかい靴
TB People
●Handmade布小物●


●ハンドメイドな洋服●

etc.
::ブログ内検索::
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ



<%>RSS


thanks!
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。